熱力学②

カテゴリ

熱力学②

熱力学の続きです。ボイル・シャルルの法則と理想気体の状態方程式です。

手書きの説明


 ボイル・シャルルの法則、理想気体の状態方程式ですが、圧力が上がれば、気体は圧縮され体積が小さくなり、温度が上がれば、気体分子の運動エネルギーが大きくなるので気体の占める体積が大きくなるのは、想像できると思います。それを実験から得たのがボイル・シャルルの法則です。そのことと、「同温、同圧、同体積の気体は、気体の種類に関係なく、同じ数の分子が存在する。」というアボガドロの法則を合わせたのが、理想気体の状態方程式だと思って下さい。しかし、実際の気体分子は、分子自身の体積がり、相互作用もするので、完全にボイル・シャルルの法則を満たすわけではありません。気体分子自身の体積は、気体の占める体積に比べれば無視できるほど小さく、相互作用も分子間の平均距離が離れている、又、分子が動き回っていることからないものとして、実在気体も近似的に当てはめているわけです。大学に行くと、実在気体の状態方程式というのも習いますよ。

次回は熱力学です。

 次回も熱力学の続きです。気体の内部エネルギーについてです。では、お楽しみに。

 

富岡市の総合学習塾
トータルアカデミー
total-academy.net


〒370-2344
群馬県富岡市黒川1807-16
TEL:0274-63-8132

お問い合わせはこちら